大阪 気功整体 おおいし治療院

肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違え、自律神経失調症、不妊症、生理不順、不眠症、内臓不調などでお悩みの方

TEL.06-6308-5056 〒532-0026大阪府大阪市淀川区塚本4-3-9パールビル201
整体の適応症

低周波音症候群 自力での対話も大切

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

前回の続きです。
双極性障害から低周波音症候群に

前回は姉宅に居候してたので、一回の遠隔気功で楽になったようで、自宅に帰宅されるとのことです。
しかし、最初に低周波音症候群になった場所からは、トラウマのイメージが残っていた為、調子が悪くなったそうです。
下記がK.Sさんからのメールです。

自宅に帰宅しました。
分かりやすいくらいに、1日で体調が壊れましたね。
マンション下のポンプ音がどうしてもダメみたいです。
性質上絶え間がない音なので、1日中体が休めていません。
寝ている時も音を拾っているらしく、起床時がぐったりしていて1番疲れています。
そのためか、睡眠時間が前倒しになっていて昼過ぎに眠く、夜中になると目が冴えます。
夜は静かでポンプ音が響くのもありますが、横になると<低周波は骨伝導で伝わってくるんで、余計にうるさいせいもあるのでしょう。
仕方ないのでノイズキャンセル機能のあるデジタル耳栓を購入。
なんとかこの工夫で、1週間は耐えられる状態にはあるかと思っています。

しかし日々が怠重く、思考が鈍るのには困り者ですね。
耳栓も四六時中はできませんし…「寝袋買って夜くらいベランダでしっかり休もうか」とか、体が潰れる前にと本気で考えています。
このままだと精神科の通院がピンチですから。
持ちこたえろ自分!ですわ。

さて、この症状を自分なりに分析。
実は半年前に諸事情で引っ越しをしました。
なので去年は、病人にはかなり負担のある年を過ごしています。
単純に過労と冬のうつで、体が休みを要求してるのでは?
「これ以上、活動しないでほしい」
「ついでに病気もいい加減治してほしい」
懇願されてる??
当たらずも遠からずなかんじです。

自宅で低周波音症候群

自宅に帰ってからが、本番です。
低周波音は、一番最初に聴こえた部屋か、何度も聴こえる音の場所で脳が記憶しています。
そこに移動して、嫌な記憶(トラウマやストレス)の記憶が蘇るようです。

次の遠隔気功の日まで持つかな?と心配だったのですが、それが稀有に終わりました。
何と自力で体と対話して、症状を寛解させたというのです。

前回のメール後、改めて肉体が疲れているのを認識しまして、就寝前にできるかぎり心の中で、自分の体に謝ってから落ち着かせて労ってあげました。
それだけなんですけど翌日から状態が回復してきて、今はあまり音が気にならくなってきました。
きのうも就寝前に30分?ほど自分に、体にありがとうのメッセージ。
これ血行がよくなりますし、右足の痺れも若干改善しますね。
なんだかんだで音にもお世話になったので、音とも上手くいけるように話をしました。
こんな話は一般的には変だったり、不思議体験に分類されてしまうんでしょうが、倒れる前にいろいろ気づけてよかったです。

 

最初に遠隔気功をしてから5回目で、低周波音は聴こえるけど、不快感はマシになり、気にならなくなったようです。
低周波音は恐怖心や不快感がきつくなるので、おそらく聴覚過敏気味程度になったんだと思われます。
もちろん症状には波がありますから、経過観察が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

双極性障害から低周波音症候群に

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

年末から突然、低周波音症候群にかかってしまいました。
自宅マンションのポンプ音に不定愁訴がどんどん酷くなり、頻脈・体の強ばり・異常な足の冷え等々、自律神経失調症のオンパレード。
現在姉宅に避難しております。
ですが、音への過剰反応は収まらず、交感神経が少しでも優位になると、家電と言う家電がウンウン唸っているのがわかります。
家がこんなにもうるさい存在だったなんて…ショックです。

1月初旬に来院。
遠隔気功での施術です。
東京の方なので、遠隔を希望されました。
この方の相性はよかったです。
遠隔気功をしているときから、からだにエネルギーをどんどん感じて、耳の状態、低周波音の状態も気にならなくなったようです。
2回目の遠隔気功で姉宅と外出時の低周波音の状態は、ほぼ気にならなくなったようです。
自宅に戻ってから、体調がどうなるか?ですね。

低周波音症候群

k.s様 40才女性
当日は受けた直後に「頭は気持ち良かったけど、人から貰ってるものだから少し重たい?浸透が遅いのかな??」的違和感がありました。
それが寝る頃になると、いま状態が良くないであろう部位(頭~首の付け根・腹部・麻痺してる右足つま先)が、じんわりと蒸しタオルをあてたもらっているみたいに温かくなりはじめました。
頭や耳を診てもらったはずなのに、足の温度が左右で違ったのは(左足はなぜか冷たいままなのです)不思議でしたね。
もちろん耳もとてもクリアで、体の内側の音まで心地好く聴こえる様な感覚を覚えましたよ。
明けて、翌日6日の話です。
ちょっと眠くて(30分ほど起床が遅れました)、肩甲骨の辺りが怠い。
そしてなぜか腰が温かい。
首(脳幹?)とお腹も温かい? 右足の痺れが明確に感じる。
いつもわかんない位麻痺してるのに。
耳はきのう以上に爽快です。
低周波の問題以前に、ノイズが全く感じられないのです。
とにかく全身が軽く疲れてて運動した後の、すっきりとした達成感みたいな重怠さがあります。
なんとも気分良好です。

個人的に今日1番面白かったのは、本屋に出かけたのですけどそこのお店の側に鉄塔があるんですね。
そこを通ると自分がヘルメットみたいなの被ってる気持ちになるんですよ。
「このヘルメット意識してないとすぐ外れるな」って言うのも、なんとなくですけどわかるんです。
ぼんやり感じるだけなんでいまいち説明しにくいですね。

あとは音で体調壊してから緩かった便通が戻ったのと、いつまでも背中や足が温かいので、お風呂が熱いくらいだったことですかしら?
そうそう湯船に浸かっているとき、腹部を押したら「なんだこれ!?」と思うほど弾力があったのも驚きましたっけ。
まだ1回なので「さてさて一段落。これからどうなるかな?」と言ったところです。
それでは先生、良いときも悪いときもありますでしょうが私にお付き合い下さい。
今回はありがとうございました。

 

低周波音症候群の方は感想文をブログに掲載することを嫌がる人が多いですが、Sさんは是非掲載してくださいとのことです。
ありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

心臓神経症になっていませんか?

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

動悸がして病院にいっても検査では何もない。
たまに胸が苦しくなる、肩こりと首もよく凝る。
息切れ、発汗、手足のふるえなども出る。

こういうときは、自律神経失調症による、心臓神経症になっている可能性があります。

心臓神経症

当院は自律神経失調症に関連のある疾患が得意です。

交感神経は、上部頚椎から上部胸椎より心臓に影響しています。
副交感神経は、後頭部辺りの迷走神経から、心臓神経叢に合流して、心臓に影響しております。

それ以外に胸椎4、5番辺りが硬くなって、胸骨中央に緊張が生じています。
バランスを取るために仙骨も念入りに施術します。

環境によるストレスが心臓周辺に貼りついていることもあります。
ストレスリリースは必修です。

脳幹周辺の環境も整えます。
延髄、小脳の辺りから後頭部にかけて、何度もコリが浮上してくる方もいらっしゃいます。

3回程度連続で気功や整体をすると、概ね楽になったと言われる方が多いですね。
ストレスを溜めるとジワジワ心臓に負担をかけますので、ストレスケアは重要だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

自律神経と不眠と頭痛の関係

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

自律神経が乱れる原因には様々な要因があります。
ストレス発散の為にしていることが返って、不眠気味なることもあります。

例えば生活の為に、アルバイトをして、大学の学費を維持している。
限られた時間でゲームをしているときが、自分のストレス解消だと思っている。
面白いからつい時間を忘れてしまう。
そうしている内に寝れなくなって、明け方まで夜更かしをする。

寝ても疲れを貯めこみ、徐々に自律神経が安定しなくなります。
ゲームをしているときだけ目が冴えるので、夜になると元気になります。

最近、日中に頭痛を感じることが多くなってきました。
頭を触診してみると、頭が浮腫んでいるようです。
頭痛が出てくると、イライラして物に当たることが多くなってきました。
自律神経が失調してくるのも時間の問題です。

ゲームをしているときは、何だか元気になります。
夜更かししては、昼過ぎまで寝てしまいます。
起床したときは、頭痛がするようになって、起きている間はイライラしています。
とうとう、自律神経失調症になってしまい、頭痛と不眠、イライラし、たまに気分が悪くなります。

自律神経失調症と頭痛の関係

生活習慣を見直さないといけません。
まずは気功、整体をして、からだの隅々を点検します。
子宮(仙骨に問題)、副腎疲労(足がしょっちゅう、つっているとのこと)
リンパの老廃物が至るところにありました。
ストレスリリースもしました。

気功、整体の施術をしたその日の晩から、ご飯も食べずに2日間、バイトを休んで死んだように寝てしまったとのこと。
節々の痛みが出て、体温が上昇したと思われます。

からだを隅々に点検しただけで、このような状態になってしまいました。
これは致し方ありません。
あなたの脳が自然治癒力を優先したんだと思われます。
こちらが意図したことではないのです。

好転反応について

3日目に頭がスッキリして、からだも軽くなったようです。
夜のゲームは程々にして、寝る態勢を整えないといけませんね。
そうしないとまた同じことの繰り返しになってしまいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

不安障害から様々に変化していきます

大阪市淀川区塚本の不安神経症(不安障害)に対応している、おおいし治療院の大石です。

当院は自律神経失調症の専門治療院ですが、その中でも、不安を抱えている方が多いです。
不安障害といっても、どこまで対応すればよいのか?のゴールは人それぞれ違います。

  1. 不安があって、身体症状に自律神経症状が出てつらい人。
  2. からだにはあまり問題ないですが、感情が不安から強迫観念が出てきてつらい人
  3. 妄想が出てきて、この先自分がどうなるか?に対して不安を抱いている人
  4. ある場所やある思いにとらわれると、頭がパニックになるという人
  5. 不安が一日中続くとバランスを取るためにうつ状態になっていく人

このように不安神経症(不安障害)の状態は、様々に変化していきます。
最初のきっかけは漠然とした不安が常にあるという点が見逃せません。
トラウマ・ストレスがきっかけで、常に不安を抱えて日常生活を過ごしている方もいらっしゃいます。

森林浴で不安障害を解消

1~5は不安神経症(不安障害)から波及していく場合は下記になります。

  1. 自律神経失調症で不安が出ているケース
  2. 強迫神経症になっていくので要注意!
  3. 妄想が続いて、統合失調症に波及する可能性あり
  4. 不安予期からパニック障害を発症している可能性あり
  5. うつ状態が続くとうつ病になる可能性がある

 

治療院に来院する頃には、時間がかなり経過している方が多いです。
そうなると不安という感情の想念は、氷山の奥にかなり埋もれているので、1~3回くらいの整体、気功では100の内の20くらいしか浄化されていないかもしれません。
当院の整体診断は潜在意識を紐解きます

当院は過去に遡って気功、ヒーリングするので、確実に不安の想念をエネルギーとして捉えています。
不安が出てきたときに解消する瞑想や気功等も自力の要素として、アドバイスさせていただきます。
自分で瞑想等で解消、他力で不安想念を解消していけば、時間はかかったとしても、将来は不安をコントロールできるでしょう。

できるだけ自分で何とかしたいという、自助努力の精神は忘れないでくださいね。
治療効果は大幅にアップしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

自力はいろんなパターンがある

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

前回、緑内障で自律神経失調症と不眠で苦しみ、眼圧が高いとこのままでは手術しないといけない方がいました。
来院時眼圧23

眼圧と自律神経の関係

週2回くらいのペースで気功、整体。
最初の内は、恐怖心、不安感、脳の状態も良好で、不眠も解消。
眼の気功も続けていて、頭や首も軽くなっていました。

緑内障

自律神経失調症や不眠も解消され、順調に眼圧が下がるはずが、あまり変わらない。
からだも快調、眼の気功もしているのになぜ。

当院、独自の気診断で検査すると、自力10>他力0の状態と判明。
自力で何とかしないといけないかぁ?
それから、本人と生活改善チェック。
呼吸法も新たに教え、ストレスを貯めない生活にしようと切り替えました。

それから、本人からメールがきました。
父の体調が思わしくなく、しばらく治療院に伺うことができません。
「障老介護」です(笑) また、行けるようになりましたらご連絡申し上げます。
それまで、先生に教えていただきましたことを実践して参ります。

眼圧が変わらないから、きっともう他の院を探しているのかなぁ?と思っていたのです。
それが、昨日の晩に眼圧10台まで下がって、感謝のメールでした。

おかげさまで眼圧は10台まで下がり、手術は経過観察(延期)になりました。
ありがとうございます! 父のほうは本日、介護度の変更認定のための調査があり、立ち会ってきました。
まずは一歩踏み出しました。
原因不明のしゃっくりが続いたり、しゃっくりが出ている間は38度台の熱が続いた りと、なかなか大変です。
また落ち着きましたらご連絡いたします。
取り急ぎ手術延期のご報告と御礼まで。

 

3週間くらい何も治療をしていません。
父の介護というで、自分に向けるベクトルが、他人に向けられたのでしょう。
自分→他人(自力の発動)

そして、今まで他力で貯めていたエネルギーが発動して、眼を癒やした(眼圧下がる)のでしょう。
ストレスがあるからといって、悪くなることばかりではありませんね。
他人の為に活動する慈悲の思いが、滞っていた病を癒やしたんだと思います。

「障老介護」は天の計らいだったのでしょう。
そして相手に対する尊敬と感謝の思いが、病気を治す秘訣なのだと改めて実感しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

寝違え、首痛を患者さんがリーディング?

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

坐骨神経痛のメンテナンスに2週間に1回通院されている方です。
今回は、突然、寝違えからくる首痛に悩まされています。
当院では、その症状は初めて診ることになります。
通常は、左右の腰痛、坐骨周辺の痛みのメンテナンスが主だったからです。

寝違えと首痛を患者さんがリーディング

いつも通り、整体をしたのですが、坐骨神経痛のメンテナンスは終了し、次に寝違えと首痛を観察しました。
青字で書いてあるポイントが、寝違えと首痛です。
エーテル体から肉体に作用している感じでした。
整体で対処したのですが、また観察すると戻っていく感じがします。

患者さんも「一瞬楽になるのですが、だんだん痛みが戻っていくようです」と言っています。
肉体の反応を押圧したり、経絡に関係のあるところなど、施術を繰り返しましたが、また同じで、戻っていくようでした。

そうこうしている内に、患者さんがなぜ、痛くなったのかを空想して、思い出している様子でした。
これが原因かな?
「そうだ、寝たきりの旦那を介助しているときに、普段違う動きをして、肩から肘を捻ったんじゃないか?」

それを聞いている私は、患者さんの右後方にポイントが浮かんだのをすかさず、見逃しませんでした。
コーザル体辺り、図でいうと紫のポイントに反応が出ました。
そこに指先を当てて、もう一つの手は、痛む前に戻るポイントに手を当て、解放。
トラウマ・ストレスリリースとは違いますが、過去に戻って、傷を受ける前に戻すというのは同じ発想です。

これで寝違いと首痛が改善されたようです。
今回は患者さんが痛みの原因を見つけてくれました。
問診って大事ですね。
患者さんの意識と私の意識が合って、その場所のポイントが浮かんできた感じです。
いい勉強になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

首こり 首痛 むち打ち 寝違えについて

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

むち打ちで右首痛から肩こり症に

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

去年の今頃に信号待ちで車を停車中に、追突されて、むち打ち症になりました。
最初は症状が全くなかったのです。
そしてしばらくすると、右首痛が出てきて、肩に常時違和感を感じます。
今までは肩こりは感じたことなかったのですが、事故のせいだと思うので診てほしいと来院されました。

むち打ちから首痛、肩こり症へ

典型的なむち打ち症からくる首痛になっています。
慢性になってくると首の痛みより肩こりから肩甲骨への違和感もしくは腕への神経痛に波及する可能性があります。

ここで重要なのが、トラウマ・ストレスのチェックとエーテル体の穴(磁場)があるか?チェックします。
トラウマ・ストレスがない感じです。
エーテル体の磁場は右首から肩にかけて少し離れて存在しました。
磁場から肉体に作用しているので、まずはエーテル体の磁場を解放しないといけません。

その後、胸椎6番、仙椎1、4番を調整、いずれも頚椎6、7番の異常からバランスを取るために出現した様子です。
図に載せるのを忘れていました、喉の第5チャクラ(エーテルレベル)が弱っていました。
おそらく、エーテル体の磁場を1年放置していたからでしょう。

上腹部の太陽神経叢の緊張ですが、内臓に波及していないので、頚椎の異常による横隔膜の緊張によるものでしょう。
これは神経緩和の手技でリラックスさせました。

メンタルや感情面で問題がなかったので、比較的軽症のむち打ち症だったと考えます。
整形外科だけだと整体の施術に集中できるので、楽に施術できました。

普段気をつけることをアドバイスしてほしいと言ってきたので、首のエクササイズと症状に合った経穴(ツボ)を教えました。
自力と他力の両方で対応できたので、よかったです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

首こり 首痛 むち打ち 寝違えについて

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

眼圧と自律神経の関係

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

緑内障を患っている方で、最近はブドウ膜炎を併発して、眼圧が上昇しています。
このままでは手術になってしまいます。
夜も眠れず、自律神経失調症にもかかってしまいました。
何とかしてほしいとのことです。

緑内障による眼圧

整体観察をすると
みぞおちにトラウマによる恐怖心、胸に恐怖心、第2丹田、第6眉間チャクラに恐怖心(感情レベル)、全てトラウマレベルでした。
トラウマリリースをした後、頭蓋仙骨療法でからだ→アストラル体(感情)まで波動を調整。

同じ方法で2回ほど施術したときに、眼圧が下降したとのこと。
3回目で自律神経失調症が安定し、睡眠も安定。
4回目で恐怖心レベルが調整され、ただのストレス反応に変わりました。
ストレス反応が不安レベルに置き換えられました。

4回目の施術のときに、目の気功をメインにしました。
緑内障や眼圧に対しての気功です。
自律神経失調症は3回位で安定し、4回目から目の気功を本格的に開始。

あまり間隔を開けずに週2回くらい(本人の希望)によるものでした。
手術を何とか回避したいと、本人の熱意も伝わって、よい方向に向かわれたと思います。
自分でやれることはないか?という質問も多くて、呼吸法もアドバイスしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

異常な冷えとだるさ

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

低周波音症候群だった彼女、無事克服し、しばらくぶりのメールでのお問い合わせをしてきました。
低周波音での相談ではありません。
彼女は、私の他の低周波音のクライアントの相談相手になってくれています。
同じ病気をもつ音のつらさが痛いほど理解できるので、ボランティアでやっていただいております。

最後の記事はこちら→低周波音症候群 新たなる旅立ち

久しぶりにブログにアップさせていただきました。

①膝下から足先にかけての異常な冷えとだるさ。

どれだけ毎日マッサージしても靴下の重ねばき、半身浴、運動、養命酒も全く効果がありません。
夜も靴下なしで眠れません。
入浴直後でもダルく。
仕事の有無に関わらず1日中足を引きずる感覚です。

①回答
出産時のトラウマ~子宮・卵巣機能低下30%しか働いていない。
エーテル体が膝より上に抜けている。
左頭側部からエーテル体が漏れています。
トラウマリリースをしてから骨盤調整し脳脊髄液を足に流します。
余裕が出てくると他の問題・冷え性がクローズアップします。

メールの返信では

出産直後、氷のように冷たくなった身体。
搬送先で意識が戻ると、身体は毛布で何重にもまかれ、カイロを沢山入れられて、看護士さん数人が足を懸命にさすっていました。
でもその時、私は身体の中から燃えるように熱くて仕方なくて、発狂して、毛布を剥がしカイロ蹴飛ばし手を払いのけ… 「体温戻らないと命に関わるよっ!!」 そんなやりとりがずっと忘れられず、鮮明に覚えていました。

それ以来今日までずっと冷たいままの感覚。
もしかして体質でなくトラウマ? とふと思いました。
思い出して本当に久しぶりにちょっと苦しくて少し泣きましたし…

低周波症候群から解放

①の回答のように施術すると、その場で足がポカポカになってきました。

後日、喜びのメールがきました。

自分の足の感覚が戻ってきて凄く嬉しいです!
何十年ぶりに靴下なしで眠れました。
あの時、氷のように冷たくなって意識を失ったトラウマは確かに薄くなっています。
ありがとうございます(^^)

 

今回もエーテル体が抜けていましたが、トラウマによる子宮の機能障害から、エーテル体に作用していました。
トラウマリリース→子宮機能アップ→脳脊髄液から骨盤を調整して、エーテル体は元に戻りました。

低周波音症候群のときは、もっと大きなトラウマと音に苦しんでいたので、異常な冷え性が出てくるトラウマは陰に潜んでいました。
気持ちやからだに余裕が出てくればこそ、出てきたトラウマです。
彼女にとっては、音の苦しみから解放され、生きる希望が湧いています。
毎日人助けしているので、とっても明るかったです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ