大阪 気功整体 おおいし治療院

肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違え、自律神経失調症、不妊症、生理不順、不眠症、内臓不調などでお悩みの方

TEL.06-6308-5056 〒532-0026大阪府大阪市淀川区塚本4-3-9パールビル201
気診断法

2016年以降のおおいし治療院の特徴

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

2016年2月から、様々な診断法や気功ヒーリング法がヒラメキました。
約2週間くらい、それは続きました。
今はたまにあるか、ないか?くらいになってきたので、この辺りで診断法や気功・ヒーリング法を整理しようと思います。

もちろん、今まであった整体、気功、ヒーリング法はそのままで、診断も含めて大型のバージョンアップと考えてください。
今は資料にまとめながら、診断法を気診断でチョイスしています。
4月までには自然にからだから必要とあれば、浮かんでくるようにしていこうと思っています。

チャクラ診断とチャクラ療法は、実は20年以上探求していて、おそらく死ぬまで続くでしょう。
ライフワークといってよいかと思います。
このチャクラの診断、療法もこの2週間で飛躍的に増えました。

さて、それでは2016年度からのおおいし治療院の特色について書きたいと思います。

 

おおいし治療院の特色

診断法を大幅に見直し、今までの診断も今まで通りしますが、診るべき項目を増やしました。

  • 精神・環境・肉体の極体を診る(3項目)
  • 5つの異なる分野を診る(5項目)
  • 7つのチャクラで診断する(7項目)

 

極体を診る

極体を診る

簡単に図示するとこんな感じですが、極体は様々なチェック項目が存在します。
いつも診ているトラウマ・ストレスは、感情の傷や苦痛を抱えているということで、第二極体に入れています。
家相の影響で、からだに問題が出ている場合は、第二極体。
事故のダメージの後遺症なども第二極体です。
幼児期やインナチャイルド、霊障なども第二極体に分類しています。

第一極体は、ネガティブ思考、心理逆転、葛藤、劣等感、逃避、思い込みなどといった項目を入れました。
第三極体は、様々な反射療法、チャクラ、青写真、DNAの情報、細胞・組織、生体化学などの肉体要因を入れています。

これはほんの一部分ですが、普段、気功整体しているときに、施術の一貫として診た方がいいかと思う項目を三つに分類しました。
随時、増やしていく予定です。

 

5行的な分類の仕方

東洋哲学は、宇宙や自然界は5つの構成要素からできているという発想から、5つの分野を特定し、そのものさしで診てみようと思いました。

  • 精神、心理的分野
  • 情報伝達の分野
  • エネルギーの分野
  • 生体化学の分野
  • 身体構造の分野

これは、ホリスティク系のフィシオエナジェティックなどの情報が参考になりました。
特に自分には全く発想がなかった生体化学の概念を取り入れようと思いました。
例えば、活性酸素、解毒、細菌、ウイルス、ホルモン、重金属、腸内環境等の方面から、考えていき独自のメソッドを開発しようと思っています。
あくまでも、整体、気功(ヒーリング)の範囲内でできればと思っています。
あまり改善が芳しくない場合は、精油(アロマ)、ハーブ、ホメオパシーなど、生体化学分野に合いそうなものを紹介したいと思います。

情報伝達分野は、自分なりに既に導入していたので、自律神経失調症のケアの要なので、よりいっそう力を注いでいく所存です。

精神、心理分野は第一極体とほぼ変わりませんが、トラウマ・ストレスやインナーチャイルドなどは、こちらの方に属します。

エネルギー分野、チャクラ、オーラ(サトルボディ)などの歪み、空洞、機能減退・亢進などの問題を解消します。
これは当院の得意分野です。

身体構造分野は、神経・血管・リンパなどの生理機能、脳、三半規管、椎間板、脊髄、脳脊髄液、5官、靭帯、筋膜など構造に特化したものをより高度に診ていこうと思っています。

バージョンアップしても、今までと使っている診断は変わらず使いますので、より繊細な診断と診る範囲が大幅に追加されました。

 

7つのチャクラ診断、チャクラ療法

チャクラの図

7つのチャクラ診断は、以前からブログに書いています。
チャクラを使った遠隔療法

このときよりも診断技術はアップしています。

第一チャクラ(ムラダーラ)の場合、足でオーラ(サトルボディ)が診断できます。
必要なエネルギーを取り込むこともできます。
第六チャクラ(アジナ)の場合は、より立体的に診れるようになり、同時にヒーリングも可能となりました。
ヒーリング・療法では、第四チャクラ(胸・アナハタ)のフラワーイメージ療法や観音ヒーリング、翼を使ってサトルボディを解放するなど。
第五チャクラ(喉・ウィシュダ)では、運気と直結している胸椎とそれぞれの惑星と対応してる箇所に運気ヒーリングを施せるようになりました。

これもほんの一部ですが、チャクラ診断・療法はライフワークにしているので、これからも開発していきたいです。

各チャクラは、個性があり、各々、診る場所が変わるし、ヒーリングの能力も様々です。
これは前からずっと使用していました。

今回は3⇔5⇔7の診断法ということになり、より、患者様、クライアント様の利益になることを確信しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[関連記事]

今までのおおいし治療院の特色

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

五官の反射気功ヒーリング

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

気功教室で全ての5官に対しての反射気功を開発しました。
既に五官の反射気功を教えたので、これから五官をどのようなタイミングで使えばいいのか?を見極める勉強をしていきたいと思います。

これには気診断法を学んでおくことが不可欠です。

五官といえば当院は東洋医学を勉強しているので、眼・舌・口・鼻・耳の事と考えています。

日常用いる場合の五感を感じる器官は
目 – 視覚
耳 – 聴覚
鼻 – 嗅覚
口 – 味覚
皮膚 – 触覚
となります。

東洋医学では口は味覚だけというより、胃・十二指腸にも対応しており、舌は体質を診る重要な器官でもあり、漢方では舌診法が有名です。
私どもの気功教室では舌は深い意識とも関係しており、神(意識)、心臓、などにも対応させています。

1つ1つの反射気功は全て全身のバランスを取りながら、それに関係する体質改善をも視野に入れた内容です。

今回はその五官を見極めて、それぞれに必要な技法を使っていくのでとても高度な気功法になります。
上級気功です。

参加資格は五官の反射気功を全て習った方に限ります。

1つ1つの反射気功も個別でレッスン可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[関連記事]

気功教室の眼の気功の資料完成!

眼の反射気功の効果を実感しました。

眼の反射気功について質問されました

鼻の反射気功を開発しました

耳の気功治療は9つの反射療法

口の反射気功

舌の反射気功ヒーリング

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

気診断法は診断の要

こんにちは!大阪・大阪市の気功整体師 
おおいし治療院の大石です。

今日は気功教室の記事ではなくて、
診断の要についてお話したいと思います。

整体・サロンをされている方はお客さんのどこからアプローチしていますか?

毎回同じパターンで施術をしていますか?

気分によって場所を変えられていますか?

ヒーリング教室では気診断法を使って、まずどこからアプローチしたらいいか?体に聴きます。

簡単に申し上げますと仰向けで施術するのか?うつ伏せで施術するのか?を聴くとしましょう。

仰向けとうつ伏せでは施術をする方法が全く変わってきますね。

そしてどのような技法を使うのか?

神経から緩めるのか?
筋肉から緩めるのか?
関節から緩めるのか?

ではやり方が全く違ってくるわけです。

そんな繊細な診断を毎回施術に取り入れて実践している方がいます!この方です^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

気診断法

こんにちは!おおいし治療院の大石です。

今日はどちらかというと施術者向けの話になります。

私の施術するときのスタンスは患者さんの主訴(今の一番気になるところ)を聞いた上で、一旦白紙になります。

次に自分の胆田(下腹部)を意識します。

すると患者さんの体の今、一番やって欲しいところが瞬間的にパッと把握できるんです。

この場合は事前に「自然治癒力を高める為に最も効率のよい順番」というのを先に定義しておきます。

これは実はウィシュダーチャクラ(喉当たりにある)が気をコントロールしているところで、ここにインプットしておくのです。

私はこれを気診断法と名づけました。

気診断は未来の診断

たくさんの生徒さんからこの部位はどの場所で取れるのですか?

まだその部位に施術は必要ですか?

先生みたいにきちんと見極めたい。

など教科書だけでは理解できない、優れた感覚の部分をいかに生徒さんに身につけてもらうかを考えて編み出した診断法です。

これで飛躍的に生徒さんの診断能力と施術力がアップされたのです。

知識だけを掘り下げていても患者さんのリアルタイムの状態は正直なところわからない。

やはりダイレクトに感じないといけない。

ただし感じるときのルールは必要です。

そのルールは

・自然治癒力を高める

・西洋と東洋の融合

・全体と局所のバランスをとる

・心と体まで深めれるやり方

などを念頭に入れています。

最後にどこが原因でどのようにして治ったのかを知るには知識も大事です。

患者さんに上手く説明できなければ安心してもらえないですよね^^

医学に携わっていると自負するなら最低限の知識ぐらいは習得しましょう。

自分が患者さんの立場になって先生を選ぶとき、無知な人に身を任せられますか?

それに知識=感覚でないと正しい直観を得られないです。

知識に裏付けられた感覚が大事だということを念頭に置いてますのでご理解ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。