1. ホーム
  2. 整体の適応症
  3. ≫整体で難聴の改善に取り組む

整体で難聴の改善に取り組む

こんにちは!おおいし治療院の大石です。

当院に来院される患者様で耳鳴り、軽度~中程度の難聴の方がおられます。

2年前くらいからだんだん、右の耳の聴こえが悪くなってきているそうです。

左耳には耳鳴り(高音の音割れ、ヒビキ)がしてきて、このままでは耳が聴こえなくなってしまうのではないか?と思われたそうです。

両親は耳の問題はなく、兄弟が重度の難聴でほとんど聴こえないそうです。

 

2年くらい他の鍼灸院で100回くらいは鍼灸治療をしていましたが、良くなることはなくだんだん悪くなってきているとのことです。

私も鍼灸師ですが、今回は整体と気功で難聴の施術をしていきたいと思います。

難聴が整体などに適応するのか?どうかを考えると、まずは両親の遺伝からきているのか?きていないか?を考える必要があります。

両親は耳はなんともないということで遺伝は考えられにくい。

でも兄弟が重度の難聴というところが引っかかりますね。

 

整体のいいところは実際耳を整体して少しでもよくなるか?どうか?が判断できます。

この方を整体の後に気功もしてみましたが、一回で耳鳴りの(高音の音割れ、ヒビキ)などがかなりましになったそうです。

しばらくは経過観察が必要ですが、左の耳は改善する可能性はあるのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアをお願いします。