大阪 気功整体 おおいし治療院

肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違え、自律神経失調症、不妊症、生理不順、不眠症、内臓不調などでお悩みの方

TEL.06-6308-5056 〒532-0026大阪府大阪市淀川区塚本4-3-9パールビル201
誇張法

当院の思考、感情とからだの対応について

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

当院は思考(物の考え方)、感情(感情が不安定)からくる、からだの問題も対応しています。
具体的にどう対処しているか?は図をごらんください。

オーラ、サトルボディ

例えば、思考、感情などに問題を抱えてくる方がいるとしましょう。
からだの問題以外にオーラ・サトルボディなどにも気を配ります。
オーラ・サトルボディの周辺にも問題が発生しています。
サトルボディ→からだと判断したら、メンタルヒーリング、エモーショナルヒーリングをします。
例1の図をごらんください。

当院の整体からヒーリングの診方

サトルボディの解放

葛藤(思考・メンタル)、不安(感情・アストラルもしくはエモーショナル)、第2チャクラの機能障害(アストラル)があったとします。
様々のことで悩みが多くて、いろいろ自分でも良かれと思って試すが、何一つ上手くいかない。
どうしたら良くなるのだろうと試行錯誤します。
そうしている内にストレスが溜まって、第2チャクラの感情レベルが作動します。
情緒不安定になって、周囲にあたります。
自己嫌悪に陥って、将来のことが不安になる。
このパターンが何度も起るのです。

まずはサトルボディに溜まっているストレスを解放し、この場合はメンタル、エモーショナルヒーリングをします。
これは数分くらいです。
サトルボディが解放されたら、肉体の反応が消えます。

次にバランスを取るために肉体からサトルボディにエネルギーを送る必要があります。

 

整体からサトルボディへエネルギーを送る

整体からサトルボディまで対応できる技法は、 頭蓋仙骨療法・誇張法・筋膜リリース・ポジショナルチャンネルセラピー・経絡経穴療法などがあります。

頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)では、脳脊髄液を流す技法を改良して、サトルボディにまで対応することに成功しました。
ポジショナルチャンネルセラピー(アメブロ)は、当院のオリジナル技法で、遠隔カウンターストレインをしているときに、偶然閃いたのです。
経絡や経穴(ツボ)は、サトルボディ↔からだの両方とも対応できる優れものです。
誇張法や筋膜リリースも気功を加えると、サトルボディにまで対応できます。

整体はじっくり時間をかけてします。
一つの部位に、どのサトルボディまでエネルギーを送ればいいのか、なども診断します。
時間が一番かかるのが、頭蓋仙骨療法で、脳はメンタルなどの思考部分が作用しますので、じっくり時間をかけます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

オステオパシー[セルフ誇張法]

大阪市淀川区塚本のおおいし治療院の大石です。

疲れているときは誇張法が便利です。
特に頭が疲れているときに誇張法を使って手の親指をセルフ誇張法をします。

親指は経絡の通りだと肺の経絡を通り、親指の反射だと頭に対応します。
特に整体師やマッサージ師は親指を使う機会が多いと思います。

親指の末節の関節が動かなくなっている方も多いのでは?
その方が押圧しやすいのです。
しかしそれになれてしまうと手首の痛みは出なくなりますが、頭の疲れを知らない間に溜めているかもしれません。

セルフ誇張法

そんなときにセルフ誇張法を使うと親指からはヒヤッとした冷気が抜けていきます。

これは頭の溜まった過剰な熱気(エネルギー)を親指から放出していく感じです。
放出していく気は温度が下がるので冷たく感じるのです。

生徒さんにしていただいたときは両手の親指で1時間以上はかかりました^^;
私がやるとそれでも20分くらいはかかりそうですね。

PC疲れや寝不足も重なってとても時間かかりました。
でもセルフ誇張法だと寝ながらできるので便利です。

やり方は手の親指に軽く反対側の親指と人差し指を触れるか触れないかぐらいの感じで当てます。
親指の関節をズレやすい方向へ誇張するだけです。

翌日、左足の薬指と中指が痛くなりました。
バランスを取ろうとしたのでしょう。

さらに翌日に寝覚めで左の奥歯の歯がズレて張ったのです。
歯医者にいって抜かないといけないのではと思うぐらいにズレた感じがしました。

足指の全体の末節骨周辺を全てセルフ誇張法(左薬指、中指中心に)をしたら、なんと歯が元の位置に戻ったのです。

オステオパシーのセルフ誇張法恐るべしです!

手の親指を念入りにやっただけで、家に帰って漠睡→翌日、足の指が痛くなる→さらに翌日歯がズレました→足のセルフ誇張法で改善。

念入りにやり過ぎるとバランスを取る為に、やっていない方の誇張法をやった方がよいというのがわかりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[関連記事]

オステオパシーの誇張法は気功に近い

自力整体も大切です

自力で整体するのに勝るものはない!

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

オステオパシーの誇張法は気功に近い

こんにちは!おおいし治療院の大石です。

整体学校の講師をしているときにカイロプラクティックの授業がありました。
生徒達の大半はカイロプラクティックは将来使いたくないと言っている方が多かったです。

私のヒーリング教室でもカイロプラクティックの検査法の勉強をしているときに辞めていく方もいました。
カイロプラクティックの関節矯正(直接矯正法)が苦手な方が多いですね。

誤解をされたら困るので言い訳しておきますが、カイロプラクティックは私は好きです。
他にもいろんな技法がありますし、理論的にしっかりしているので勉強になります。

ボキボキということに関して抵抗がある方が多いのです。
しかし私が普通に関節矯正しても怖がらないのです。
やっぱりあざやかに迷いなく矯正しないと人は抵抗するものです。

関節矯正が上手くなるには相当鍛錬が必要です。
練習時に首を痛めたり、相手の首を壊したりすることもあるでしょう。

関節矯正が決まれば気持ちがいいが、いまいち楽になっているという実感がないという方も多いのでは?
精密な検査をするのに時間が有するのも問題だと思います。

私の関節矯正は既に頭に浮かんでいる関節のズレを元に戻すだけなので、検査は必要ありません。
もちろん、勉強した当初は何度も失敗したし、自分の関節も痛めました。

失敗して関節が悪くなるのなら患者さんには使えません。

そこでオステオパシーの間接技法である誇張法を学びました。
もう15年以上も前の話です。

超ソフトで指が当たるか、当たらないか?という感じで椎骨に触れます。
関節のズレている方向へさらにを0.5~1mmくらいずらすのです。
この技法を覚えてから関節のズレが手にとるように理解できるようになったのです。

これをヒーリング教室に導入してから生徒さんには好評でした。
触診の感覚のレベルが上がったのです。

気功に抵抗がある方もオステオパシーという事で整体として認識してくれるのです。
自分としては気功、整体、オステオパシーという呼び名はどうでもいいんですけどね^^;

そういえば普段ブログで掲載している内臓整体もオステオパシーの内臓マニピュレーションだったりします。

誇張法を勉強して普段使っている整体師は気功の習得も早い感じがします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

ブログ村に参加しています。
もしよろしければクリックしてくださいね。