1. ホーム
  2. ≫美顔整体

美顔整体

小顔と美顔整体

導入にあたって

美顔整体導入

2013年で7月より気功教室21周年目に突入しました。
ひとえに皆様のお陰です。

今までは体を施術することに尽力を注いでいたのですが、生徒さんや患者様の要望も多い、小顔セラピーなども導入していきたいと思います。
当院の開発した顔面反射セラピーを含んだフェイス気功マッサージと合わせると顔だけの施術で顔+体がスッキリして体の不調までも癒せる技術を開発しました。

顔面反射セラピーについての記事

おおいし治療院に通院しているお客様、患者様によりいっそう奉仕したいと思います。
当院で小顔セラピーを教えた、たくさんの整体師さんが各地域で活躍しております。
私は技術開発だけをしていて、各地域の生徒さんに還元していたのですが、当院では導入していませんでした。
体の治療ということにこだわっていた為です。
しかし顔だけで体を癒せる技術を開発するにあたって迷いはなくなりました。
積極的に導入していきたいと思います。

 

小顔セラピーについて

小顔

小顔は整体の骨格の歪みを整える技術がたけていないと小顔にはなりません。
ただ小顔矯正が可能かどうか?は体の歪みがあまりない方や体の状態があまり悪くない方に限るでしょう。
特にリンパの流れが悪い方は小顔を維持するのは難しかもしれません。
体の歪みがひどい方、体の状態が悪い方はフェイストータルセラピーをオススメします。

もう1つ世間の小顔矯正を拝見していて気になることがあります。
それは顔だけを矯正している方が多い点です。
顔は上半身の前エリアです。
顔だけを矯正しているとバランスを取ろうとして、対角線上の下半身の腰・骨盤エリアに問題が生じるのです
小顔矯正を受けてギックリ腰や腰痛になったことありませんか?
もし思い当たることがあったら、小顔矯正だけ受けてはいけません。
合わせて整体も受けることをオススメします。

 

当院ではこういったことがないように小顔矯正の前に小顔を維持する目的で背骨の筋膜の調整や頭蓋骨の簡単な矯正をしてから、小顔矯正をしています。

 

当院は男性整体師が小顔矯正をします。
オイルを使って施術するわけではないので、化粧を落とす必要はありません。
ただし、メイク室などはなく、殺風景な治療院なのでリラックス目的の場合はリラックスできないかもしれません。
技術だけが目当ての方でしたら、大丈夫ですが、心地良いサロンを期待しているなら、当院の教え子の女性整体師の小顔サロンを紹介します。

小顔の実績No.1のサロン

小顔の矯正のテクニシャン

 

フェイストータルセラピー

フェイストータルセラピー

美は内面の美しさから!をモットーに顔の施術だけで体全身の問題を解消することを目的に顔面反射セラピー(フェイス気功マッサージ)をメインに小顔+美顔リンパマッサージのフェイストータルセラピーを考案しました。

フェイストータルセラピーでワンランクアップした美顔を手に入れましょう。

顔がスッキリして顔から体全身にエネルギーを感じることができます。

このような方にオススメします。

  • 他の小顔では満足できなくなった
  • 体調不良が長く続いたけど美顔には興味ある
  • 設備が整ってなくても技術に興味がある
  • 男性整体師でも気にしない
  • 小顔をもっと維持したい
  • 他の小顔を受けたら腰痛になったり、腕にしびれが出た
  • 体もついで整体を受けたいが両方受けるとしんどくなる

このような方でしたら当院が最適です。

なぜ全身楽にならないと美顔にならないんでしょうか?

全身やる必要があるのか?といえばyesと答えます。
顔だけ小さくなっても顔って体の状態を表しているのです。
ですから体の状態が悪ければ顔にも反映され、また元の顔に戻ってしまいます。
それを考慮に入れています。
じゃあ整体を受ければいいと思いますが、顔に合わせて上手く調整できる整体師が果たしてそんなにいるのでしょうか?
普通の整体を受けているだけでは体は楽になりますが、肌やリンパの状態はよくなります。
小顔を維持したみたいになるでしょう。
それでもいいですが、顔の状態に合わせて小顔を維持しようと思えば、やっぱり顔の反射区を使って体を調整した方がいいと思いませんか?

顔は体の窓口です。
整体の反応がなくても顔には反応がある。
整体の反応があっても顔には反応がある。
顔の反射区の方が整体の反応より広範囲でケアできるのです。

それを考えた上でフェイストータルセラピーを開発しました。

 

シェアをお願いします。

気功整体の目次

気功治療

気功治療
遠隔ヒーリング(遠隔気功)は、来院しても同じクォリティーで使用しています。来院は視覚・触診重視で、遠方の方は聴覚・リーディング重視で遠隔しています。遠方の方は問診がより重要になります。