1. ホーム
  2. 気功治療
  3. 遠隔気功療法
  4. ≫重度の首痛、肩のしびれと痛み

重度の首痛、肩のしびれと痛み

遠隔気功療法のおおいし治療院の大石です。

大阪在中の方ですが、9月の大型連休の前なので、遠隔療法(遠隔気功)を申し込まれました。
その方は9月の連休は仕事で、私は休みです。
首が凄く痛くて動かせない、痛みや左腕にもしびれがくる。
何とかしてほしいと訴えていました。

最終時間に何とか時間が取れたので、遠隔療法(遠隔気功)をしました。

格闘技歴20年くらいのベテランで女性です。
総合格闘技をしているそうです。
交通事故にもあっているようで、遠隔で大丈夫かな?と思いました。
なぜなら、気功する場所があちこち存在すると直感でわかったからです。
1つの筋肉に対して、いろんな角度から検討。
他の場所も連動していて、その作業に時間がかかると思いました。

遠隔療法(気功)ではストレス、トラウマを精査するだけで時間がかかりそうです。
その日は首痛は楽になって、顎関節の違和感も収まり、喜ばれていました。

 

その後、数時間して今度は首の前かがみの姿勢で痛みが出てきたとメールがきました。
度重なる絞め技、打撃、捻り等があるので、一度では解消しきれないと伝えました。

連休明けに当院に来院されました。

首の痛みは慢性になっていて、首周辺の筋肉をトラウマ、ストレスリリースしました。
本人はトラウマに全く感じていませんが、筋肉自体がトラウマ反応が出ています。
首を絞められたり、打撃がくるわけですから、筋肉自体がトラウマになるのは無理もないです(笑)

頚椎5、6番周辺に問題がありました。
頸髄にもストレスが溜まっているようです。
これを気功やスピリチュアルヒーリングをして解消。

前へ習えで肩に痛みやしびれが出てたのは、腕神経叢に問題がありました。
その姿勢を取ると、神経の束が絡まっているのが観えました。
それを解放すると肩から腕の痛みも改善しました。

顎関節や腰の問題もついでに解消。
これで全ての痛みは楽になったようです。

 

しばらく、古傷が出てくると思うので、その度にケアするとよいでしょう。
間を空ける必要はありません。
怪我の症状がメインですから、早めに対処して安静、休息を十分取るとよいです。

自分でやれることはないですか?と質問されましたが、安静が一番の治療ですとお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

遠隔ヒーリング(遠隔気功)

[関連記事]

目の疲れからくる首こりを整体

頚肩腕症候群を整体からスピリチュアルまで対処

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

シェアをお願いします。