1. ホーム
  2. 整体の適応症
  3. 肩こり 首こり 首痛 寝違い むち打ち
  4. ≫足首捻挫の古傷から首、肩こり波及

足首捻挫の古傷から首、肩こり波及

こんにちは!おおいし治療院の大石です。

首から背中まで凝ってつらい患者さんが来院しました。

当院は首~背中までの症状だとしても、必ず仰向けかうつ伏せから始めるのか?を検査します。

仰向けと出たので、仰向けの方に必ず何か問題があります。
次に頭、四肢、腹胸部のどこから始めたらいいか?検査します。
下肢と出たので下肢になんらかの異常があると思われます。

下肢を一通り、関節・筋肉チェックをします。
左足首の関節に異変があります。
足首を回すと距骨と踵骨周辺にゴリゴリとした音がなります。

これは古い足首捻挫の後遺症だと思います。
痛みがないので本人は全く自覚がありませんでした。
相当古いものだと推測されます。

足首周辺を調整してもムダだと感じたので、足首を治癒するポイントはどこか?
整体観察をしました。
左鼠径部(そけいぶ)を触診すると違和感がありました。
その違和感は左卵巣からきていると判断。左卵巣を整体で調整したら、左首がゆるみ、足首周辺のゴリゴリも70パーセント減少。
残りの30%は子宮を整体で調整したら、10%くらいになりました。

子宮の位置が悪くておそらく、子宮後屈だと思われます。
仙骨のゆがみも仙骨から子宮の位置を調整したら仙骨は元通りになりました。

婦人科の問題はないですか?と聞いたら、「ひどい生理痛があります」
カルテには記載されておりませんでした。

患者さんは肩こり、腰痛などの整形外科的疾患しか、整体で治らないだろうと思っているので問診表にかかない方も多いですね。

うつ伏せは仙骨のゆがみだけで、座位で軽く右肩を少し整体マッサージしたら、全身スッキリされたようです。

首~背中の症状は足首捻挫の古傷を放置していることによって、卵巣→子宮→仙骨の歪み→首→背中まで飛び火した症状だと判明しました。

首こり、肩こりはほぼ触らずで、このような方は凝っているところを揉んだり、マッサージしたりするだけでは楽にはならないでしょう。

右の肩のこりだけが実質整体マッサージで調整しただけですが、卵巣、子宮、仙骨を調整した結果バランスを取る為だけに残っただけでほっておいても消える症状だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[関連記事]

肩こり

気診断法

当院の施術方法

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

ブログ村に参加しています。
もしよろしければクリックしてくださいね。

シェアをお願いします。