1. ホーム
  2. 整体について
  3. 整体の対処法
  4. ≫整体で骨盤矯正で腎臓に対応

整体で骨盤矯正で腎臓に対応

夏に腎臓の機能が70%の方が熱中症の予防で普段より水分を多めに取っていました。

その方は夏は苦手で少し駆け足で電車に乗ると動悸がして頭がしんどくなっていました。

整体の施術では骨盤を安定させると下半身が温くなり、頭もスッキリしてきます。

骨盤矯正がメインの方です。

腎臓の機能をアップさせる為に亜鉛をオススメしました。

亜鉛は成長促進には欠かせない成分で細胞分裂に欠かせない要素です。

蛋白質の合成を助けるので腎臓の働きを助けるでしょう。

普段はむくみがちで夏は水分をきちんととって夏バテ予防を防いでました。

最近になって歩くと余計調子悪くなってむくむのですが、自転車を乗っているとむくみがましになっているのに気づいたそうです。

何故自転車に乗っていると足のむくみが改善されるのでしょうか?

それは股関節をきちんと曲げてペダルを押すことで大腰筋(腎臓の後ろにある筋肉)を刺激したからだと思います。

歩行は股関節を使うことはありません。

歩くと腰が痛みといっています。

歩くだけでは下腹部までしか血液がいかず、古い血液が下腹部に溜まって腰痛を引き起こすからです。

その場合は自宅に帰ったり、外で時間があるときは腕を振って腰を捻る体操をしましょう。

水分をきちんと取った方がいいですか?と質問されましたが、水分は意識して取るのではなく、あまり気にされずに飲みたかった飲みましょうとアドバイスしました。

腎臓とのぼせの症状を骨盤矯正メインで施術しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シェアをお願いします。