大阪 気功整体 おおいし治療院

肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違え、自律神経失調症、不妊症、生理不順、不眠症、内臓不調などでお悩みの方

TEL.06-6308-5056 〒532-0026大阪府大阪市淀川区塚本4-3-9パールビル201
自律神経失調症

心臓神経症になっていませんか?

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

動悸がして病院にいっても検査では何もない。
たまに胸が苦しくなる、肩こりと首もよく凝る。
息切れ、発汗、手足のふるえなども出る。

こういうときは、自律神経失調症による、心臓神経症になっている可能性があります。

心臓神経症

当院は自律神経失調症に関連のある疾患が得意です。

交感神経は、上部頚椎から上部胸椎より心臓に影響しています。
副交感神経は、後頭部辺りの迷走神経から、心臓神経叢に合流して、心臓に影響しております。

それ以外に胸椎4、5番辺りが硬くなって、胸骨中央に緊張が生じています。
バランスを取るために仙骨も念入りに施術します。

環境によるストレスが心臓周辺に貼りついていることもあります。
ストレスリリースは必修です。

脳幹周辺の環境も整えます。
延髄、小脳の辺りから後頭部にかけて、何度もコリが浮上してくる方もいらっしゃいます。

3回程度連続で気功や整体をすると、概ね楽になったと言われる方が多いですね。
ストレスを溜めるとジワジワ心臓に負担をかけますので、ストレスケアは重要だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

自律神経と不眠と頭痛の関係

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

自律神経が乱れる原因には様々な要因があります。
ストレス発散の為にしていることが返って、不眠気味なることもあります。

例えば生活の為に、アルバイトをして、大学の学費を維持している。
限られた時間でゲームをしているときが、自分のストレス解消だと思っている。
面白いからつい時間を忘れてしまう。
そうしている内に寝れなくなって、明け方まで夜更かしをする。

寝ても疲れを貯めこみ、徐々に自律神経が安定しなくなります。
ゲームをしているときだけ目が冴えるので、夜になると元気になります。

最近、日中に頭痛を感じることが多くなってきました。
頭を触診してみると、頭が浮腫んでいるようです。
頭痛が出てくると、イライラして物に当たることが多くなってきました。
自律神経が失調してくるのも時間の問題です。

ゲームをしているときは、何だか元気になります。
夜更かししては、昼過ぎまで寝てしまいます。
起床したときは、頭痛がするようになって、起きている間はイライラしています。
とうとう、自律神経失調症になってしまい、頭痛と不眠、イライラし、たまに気分が悪くなります。

自律神経失調症と頭痛の関係

生活習慣を見直さないといけません。
まずは気功、整体をして、からだの隅々を点検します。
子宮(仙骨に問題)、副腎疲労(足がしょっちゅう、つっているとのこと)
リンパの老廃物が至るところにありました。
ストレスリリースもしました。

気功、整体の施術をしたその日の晩から、ご飯も食べずに2日間、バイトを休んで死んだように寝てしまったとのこと。
節々の痛みが出て、体温が上昇したと思われます。

からだを隅々に点検しただけで、このような状態になってしまいました。
これは致し方ありません。
あなたの脳が自然治癒力を優先したんだと思われます。
こちらが意図したことではないのです。

好転反応について

3日目に頭がスッキリして、からだも軽くなったようです。
夜のゲームは程々にして、寝る態勢を整えないといけませんね。
そうしないとまた同じことの繰り返しになってしまいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

自力はいろんなパターンがある

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

前回、緑内障で自律神経失調症と不眠で苦しみ、眼圧が高いとこのままでは手術しないといけない方がいました。
来院時眼圧23

眼圧と自律神経の関係

週2回くらいのペースで気功、整体。
最初の内は、恐怖心、不安感、脳の状態も良好で、不眠も解消。
眼の気功も続けていて、頭や首も軽くなっていました。

緑内障

自律神経失調症や不眠も解消され、順調に眼圧が下がるはずが、あまり変わらない。
からだも快調、眼の気功もしているのになぜ。

当院、独自の気診断で検査すると、自力10>他力0の状態と判明。
自力で何とかしないといけないかぁ?
それから、本人と生活改善チェック。
呼吸法も新たに教え、ストレスを貯めない生活にしようと切り替えました。

それから、本人からメールがきました。
父の体調が思わしくなく、しばらく治療院に伺うことができません。
「障老介護」です(笑) また、行けるようになりましたらご連絡申し上げます。
それまで、先生に教えていただきましたことを実践して参ります。

眼圧が変わらないから、きっともう他の院を探しているのかなぁ?と思っていたのです。
それが、昨日の晩に眼圧10台まで下がって、感謝のメールでした。

おかげさまで眼圧は10台まで下がり、手術は経過観察(延期)になりました。
ありがとうございます! 父のほうは本日、介護度の変更認定のための調査があり、立ち会ってきました。
まずは一歩踏み出しました。
原因不明のしゃっくりが続いたり、しゃっくりが出ている間は38度台の熱が続いた りと、なかなか大変です。
また落ち着きましたらご連絡いたします。
取り急ぎ手術延期のご報告と御礼まで。

 

3週間くらい何も治療をしていません。
父の介護というで、自分に向けるベクトルが、他人に向けられたのでしょう。
自分→他人(自力の発動)

そして、今まで他力で貯めていたエネルギーが発動して、眼を癒やした(眼圧下がる)のでしょう。
ストレスがあるからといって、悪くなることばかりではありませんね。
他人の為に活動する慈悲の思いが、滞っていた病を癒やしたんだと思います。

「障老介護」は天の計らいだったのでしょう。
そして相手に対する尊敬と感謝の思いが、病気を治す秘訣なのだと改めて実感しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

眼圧と自律神経の関係

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

緑内障を患っている方で、最近はブドウ膜炎を併発して、眼圧が上昇しています。
このままでは手術になってしまいます。
夜も眠れず、自律神経失調症にもかかってしまいました。
何とかしてほしいとのことです。

緑内障による眼圧

整体観察をすると
みぞおちにトラウマによる恐怖心、胸に恐怖心、第2丹田、第6眉間チャクラに恐怖心(感情レベル)、全てトラウマレベルでした。
トラウマリリースをした後、頭蓋仙骨療法でからだ→アストラル体(感情)まで波動を調整。

同じ方法で2回ほど施術したときに、眼圧が下降したとのこと。
3回目で自律神経失調症が安定し、睡眠も安定。
4回目で恐怖心レベルが調整され、ただのストレス反応に変わりました。
ストレス反応が不安レベルに置き換えられました。

4回目の施術のときに、目の気功をメインにしました。
緑内障や眼圧に対しての気功です。
自律神経失調症は3回位で安定し、4回目から目の気功を本格的に開始。

あまり間隔を開けずに週2回くらい(本人の希望)によるものでした。
手術を何とか回避したいと、本人の熱意も伝わって、よい方向に向かわれたと思います。
自分でやれることはないか?という質問も多くて、呼吸法もアドバイスしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

電磁波の影響で自律神経失調症か?

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症のおおいし治療院です。

からだも気持ちも何となく、だるくて、重い、やる気が出ない。
ストレスも溜まっているようですが、頭が働かない。
自律神経失調症になったのでは?という疑いを持って、来院されました。

電磁波で自律神経失調症

整体観察すると図のようになりました。

診断項目に追加した、電磁波と胎児期が気診断で出ました。
電磁波の影響が最初に判別できたので、後は問診で患者さんと特定しながら精査。
家の外に問題なし、家の中にあると出たので、電磁波の影響は電子レンジと判明。
それを患者さんにいうと、「前から気になっていました」といっておられました。

患者さんの不安から電磁波の影響を引き込んで、自律神経が乱れたんではないかなぁ?と推測しています。
右側頭部辺りから後頭部周辺に影響して、右仙腸関節の可動域に問題が発生。
このパターンは自律神経失調症になる初期に多いパターンです。

電磁波の影響を気功で取り除き、次の反応は胃のストレスです。
胃のストレスは、家庭の問題(旦那さん)との間で、怒りを感じているようです。
まずは、本人に話をしてもらい、話している間に、胃のストレスは解放されたようです。
前頭部のツボに怒りの反応が出ていたので、タッピングで怒りを解放。

最後に顎関節の筋肉周辺も固着しているので、原因を特定すると、胎児期に何らかの影響を受けていると判断。
潜在意識の胎児期に顎関節に関連している邪気が浮かんできたので、スピリチュアルヒーリングで浄化。
顎関節周辺が凄く楽になったと喜ばれていました。

最近、診断能力とヒーリング能力もバージョンアップできて、早速患者さんに生かせたので、記事にしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

[関連記事]

2016年のおおいし治療院の特徴

各種ヒーリングはこんな感じです

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

手のふるえと首、肩のこり

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

数年前から自律神経失調症になり、最近は首、肩がこり、手のふるえまで出ます。
頭が重い、めまい、胸やけ、たまに耳鳴りもあります。

整体観察すると、みぞおちに緊張があるが、感情レベルではない。
仙腸関節が不安定です。
初見では、自律神経のシステムが不安定になっているだけに感じます。
まずは自律神経失調症のケア(気功整体)をします。

自律神経失調症のシステム崩れる

情報伝達機能を強化します。
経絡・左肺経(経渠)→喉のチャクラ→脳幹(視床下部、下垂体)→肺→大腸→エーテル体(集中力UP)
これで、みぞおちの緊張と首が凄く軽くなり、上肢の循環が楽になった感じです。
これで自律神経失調症は安定すると思います。

しばらく待っていると、次の問題が浮上。
食道、胃、十二指腸辺りまで、反応が出てきて、食道の上部に炎症が見受けられました。
以前、病院で食道炎と診断されたようです。
ストレスレベルだったので、ストレスリリースをしたところ、全ての反応は消失したようです。

ストレスからくる自律神経失調症か?自律神経失調症からストレスがきたのか?はまだ判明できません。
経過観察をして、浮上してくる反応を観て、考えたいと思います。
今のところ、からだが安定したので、初診の施術はこれで終了しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

恐怖感と手足の冷え

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

1年半前からめまい、耳鳴り、手足の冷え、肩こり、動悸、口が渇く、恐怖感があります。
自律神経失調症の症状を持っている方が来院されました。

整体診断すると、まずメンタル面で挫折、思い込み、後悔などの反応が頭部に診られました。
感情の面では、恐怖感がみずおちと膀胱に潜んでいました。

自律神経失調症と恐怖感

頭全体が凄く緊張していて、頭がぼーっとしている感じがしました。
メンタルヒーリングでメンタル面のブロックを解放。
恐怖感はトラウマまではいってなくて、ストレスレベル。
ストレスリリースで解放しました。

この後、情報伝達機能をスムースにする気功(ヒーリング)をしました。
情報伝達機能は自律神経失調症のシステムを安定させる効果があります。
経絡・心経(陰郄)→喉のチャクラ→脳全体→心臓(小腸)→アストラル体(恐怖感)などの循環を解放しました。

これで気持ちもからだも落ち着き、「何だか、力が抜けて、リラックスしています。」とおっしゃっていました。
最近、メンタル面の反応点もわかるようになり、ますます、自律神経失調症のケアに役立てるよう努力精進したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

自律神経と舌痛症との関係

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

こちらではしばらくぶりの投稿です。
最近アメブロでは毎日更新しています。
前回は舌痛と舌炎を治療していましたを投稿しました。
おかげさまで、ほぼ舌痛症は改善されたみたいです。
舌痛にかかって、10日ほどです。
当初は3週間くらいかかるかなぁと思ったのですが、アメブロを毎日更新している内に、舌痛症を改善するアイディアがどんどん瞑想等で浮かんできました。

さて本題に戻りますが、元々、自律神経失調症の潜在因子を持っている私としては、舌痛症と自律神経失調症との関係について、考えたいと思います。

自律神経失調症が出ると、私の場合、左後頭部が異様に凝ってきます。
その関係で、舌痛症が右に出ました。
そもそも自律神経失調症になった原因は、転倒による右顔面の打撲と損傷によるものです。
自律神経失調症の調子が悪かったです。
お酒を飲むと、舌が回らなくなる、それ以外に舌が緊張していました。
口腔内の状態も違和感が常にありました。

舌痛症が出てくる素因はこの頃に作ったと思われます。
2年半くらい前です。
脳幹から出ている舌神経や舌咽神経なども自分でセルフヒーリング(気功)をして、何度もケアしました。
最近は舌に違和感感じると、すぐ自分で気功をして楽になっています。
本当に気功を勉強していて良かったなぁとつくづく思います。

口腔内の違和感は怪我する前から元々、ありましたので、これは持病です。
自律神経の交感神経が緊張すると、歯茎、舌共に緊張。
副交感神経が緊張すると、歯茎が腫れぼったくなり、舌に何ともいえないネバネバ感が出てきます。
今回はこれに舌痛症が加算された感じに思えました。

舌痛症と舌神経の関係

自律神経と脳幹は互いに連係しており、この間のストレスを常にチェックすることで、舌痛症及び自律神経失調症の因子をケアできると思います。
舌痛症になると、食事がロクに取らなくなるため、舌の状態を改善するビタミンやミネラルが不足しがちになります。
ビタミンB2、12や亜鉛等をサプリメントで補充する必要があります。
食事を咬むことができなくなるため、胃が悪くなる可能性も。
鎮痛剤も胃が悪くなる原因で、胃薬と共に服用するとよいでしょう。

右舌痛症は肝臓。
左舌痛症は胃。
全体に生殖器の能力が低下している可能性があります。

当院では自律神経失調症のケアに内臓整体、脳幹の気功も加えて、舌痛症の治療をしたいと思います。
しかし、舌痛症は日頃の生活習慣を特に見直すことが大切だということはいうまでもありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

[関連記事]
アメブロに投稿した関連記事です。

舌痛と格闘していました
舌痛、傷口と対話しました
舌痛が潜在因子に変わりました
舌痛と他の部位との関係
休日に舌痛と瞑想・対話しました
瞑想に対する考え方

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

中々改善しない方へのアプローチ

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

当院のHPのブログには通常は症例がメインで書いています。
アメブロには症例以外の記事中心に書いています。
自律神経失調症の記事が多いですが、その中でも自律神経失調症等が中々改善されない方へのアプローチ法について考えて見ました。

当院へのお問い合わせに自律神経失調症で悩んでいる方が多いです。
10年~30年以上患っている方も少なくありません。
その中の質問で多いのが、何回施術すればいいですか?という質問が多いのです。
長年患っている方は、おそらくどこにいっても改善されていないのが現状だと思います。
そういう方には下記のように応えています。
自律神経失調症には何回施術が必要(アメブロ)

そもそも10年以上、自律神経失調症が改善されない理由は、何が原因なんでしょうか?
こういう視点で考えて見ました。
まずは自分自身で考えてみてください。
自律神経失調症は自立心が必要(アメブロ)

自立心が必要だとわかっていただけましたか?
いろんなところに通院して、後一歩で改善されない方、根本的に見直す必要があります。
意識改革がまだ不十分な方はこれを読んでみてください。
自律神経失調症 意識改革で差が出ます(アメブロ)

自律神経失調症は肉体の問題だと勘違いしている方も多いです。
肉体の問題だと思って整体、気功、鍼灸(代替療法)に活路を見いだしている方へ
10年以上、あちこちに施術を受けている方は、環境という視点にも目を向けてください。
自律神経失調症と環境の関係(アメブロ)

当院は環境と心と肉体のバランスも重視するようにしています。
環境→自律神経失調症を長年患っている方へ、どういうケアを考えているか?
いろいろ考えています。
自律神経失調症 環境への対処方法(アメブロ)

ここまでいろいろ自律神経失調症のケアを考えています。
他力の部分は任せてください。
あらゆる角度からあなたをサポートしています。
自律神経失調症 カウンセリング気功(アメブロ)
自律神経失調症 カウンセリング整体(アメブロ)

自律神経失調症改善への希望への道

まとめ

今回はアメブロに普段、自律神経失調症の記事を書いているのを、こちらのブログにも紹介しました。
HPブログの症例とは違って、視点を変えています。
自力で自律神経失調症を治すには、どう考えればよいか?の視点で考えています。
長期間、自律神経失調症を患って苦しんでいる方へ
まずは他力で施術を受けてみて、しばらくしてから、自力部分も考えてみてください。
きっとあなたのお役に立てると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

[関連記事]

中々症状が改善しない方へ

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

男性の更年期障害

大阪市淀川区塚本の自律神経失調症専門のおおいし治療院です。

病院では自律神経失調症とか、男性の老年性の更年期障害とか?いろいろ言われたそうです。
主訴は体温調節ができずに、目から涙が頻繁に出る、食後には腹痛が出て、トイレにばかり行くようです。
うつ病の薬しかもらえず、相手にしてもらえないので、代替療法に活路を見いだしたいとのことです。

病院に相手にしてもらえないって、どういうことなんでしょうかね?
問診すると不定愁訴がたくさん出ているので、自律神経失調症は間違いないと思われますが、更年期障害の症状は確定できません。
うつ病ではないと話を聞いているだけでもわかります。

2回ほど整体させてもらいましたが、自律神経失調症と少し老年性の更年期障害も入っているかな?と思いました。
体温調節ができないので、体の外は暑くて、薄着でいるようです。
しかし内部は冷えが多い。
膀胱炎や前立腺炎もあって、深部は冷えております。

食後に腹痛になるのは、冷えによる十二指腸炎がある感じがしました。
整体後は体の冷えを感じるそうで、厚着になっていました。

冷えによって、頭が緊張しており、のぼせなどがあるようです。
自律神経失調症のケアをメインで、頭(脳)の整体をしていけば、両方改善していくと思われます。
整体後はしばらく調子が良いようなので、もう少し楽になるまで通院する予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

自律神経失調症のまとめ

[関連記事]

冷房病に注意!

ブログ村に参加しています。
ブログ更新の励みになりますので、ポチッと押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ